2010年04月19日

嘘でもいいからおめでとうと言ってくれ、もう44才

やぁ
やぁ

今日は誕生日だったのだよ、複雑だけどな、もう、こんな年だから(笑)。

44かぁ…。

「44」で浮かぶ言葉といったら、「44マグナム」くらいだなぁ。

まぁ、でも、節目でもあるのだ。なんとドラムを始めてついに20年なのだっ!!!
20年でこのレベルかよっ!って、俺でも思ってるんだから、みんなも思っても心の中にしまっててくれ。いや、技術よりさ、20年も続けている事を評価してくれ、よく辞めなかったな、今まで。

と、思ってですね、長く続けれた理由を考えると、いやー、ありきたりでよくあるセリフで我ながらうそくさいけど、ほんとに「みなさんのおかげ」と思うのです。
節目・節目でちょうどいい出会いを幸福にも偶然に続けることが出来たのがよかったな。今思うと、もう辞めようかな…という時に、だいたい大事な人に会っている。やっぱ、自分でも「好き」という思いを持ち続けることも、もちろん必須条件だけど、人との出会いも大事ですね。

俺は、皆さん知っての通り、「上手いドラマー」では全くないんだけど、その時その時、上手くなくても、まぁ、なんかいいところがあれば一緒にやろうかと、大事にしてくれる人がいたんだよね(サトシしかり、えれきしかり、他にもたくさん)。ほんとに感謝してます。

おれはあと何年続けれるんだろうか。60までは続けたいなぁ。体のケアは必須だな、うん、気を付けながら叩き続けたい(未だに学ぶこと・覚えたいことは絶えないよ)。

あー、わすれった、あと、将棋も確か覚えて20年なのだ、こっちもほんっとに好きだな、俺。これも死ぬまで続けます。

…、っていうか、ドラムや将棋以前に、生きている事、ここまで生きてこれた事に感謝だよな、まずは。

最近ほんとにそう思ってます。というわけで、すごく珍しいことだけど、なぜかこの前父母に「3人で一回飲もう、飲みに行こう」と誘った(どうしたんだ、俺。発作的)。で、24日に飲みに行くことになった。みんなも、もし、いい年なのならば、一度両親を誘ってみよう。とても喜ぶと思うんだけど。違うかな。

konimana at 22:36│Comments(3)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 広美   2010年04月25日 20:36
ひさしぶり!
あのつどーむパーティから4年経ってるのね、私が小西さんと知り合ったときは私が20,21ぐらいで小西さん25歳だった、今考えればすごく若いのに、あの時で大学のみんなからフザけて年寄り扱いされてた(笑)あれからもー20年近く経ってるなんて本当に信じられない。時は経つもんだね、でもウチのおじいちゃん健在なんだけど(覚えてる?「小西カッコ男」)もう今年で91とかなんだけど笑 この年になってもまだ気持ちは20の頃と変わんないんだって、自分がこんなに年取ったのは信じられないって。だからもう44歳じゃなくって、まだ44歳なんだよーたぶん。
体動くウチは20歳の気持ちと変わらず、楽しく人生を過ごしたいよね。
44歳の誕生日、おめでとう。
嘘じゃなくってさ。
2. Posted by こにたん   2010年04月27日 02:52
おー、広美!久し振り!
いやー、この前会ってからそんなに経ってたっけ?(笑)あっという間だなぁ…。

20年前は確かにそうだったよな(笑)、懐かしい。25歳でおやじ呼ばわりだったもんな(笑)。

メッセージ、ほんとにありがとう。君もぜひ、ずっと元気で。
3. Posted by やまだゆうこ   2010年06月10日 12:14
元気かい?
将棋さー、私も少し出来るさ。

5歳の子が将棋やろう将棋やろうって
くもんの将棋を毎日やっているよ。
俺ルールを押し付けてくるから、大変。

どうやって伸ばして行ったら良いだろう?

爺さま主催の将棋教室に行ったら、声のデカい爺さまが怖くて一瞬で泣き出し、挫折。

奥が深いんだろうね、将棋って。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔