2009年08月24日

選挙に行かず父に怒られた話

やぁ、どうも、穴守稲荷です。

久しぶりだね。いろいろ書きたい事はあるけど(RSRどうだったのかな、とか)、まずはこの話。

俺が成人して、まぁ、そんときはぐうたら大学生だったんだけどさ。選挙権得た最初の選挙で、投票に行かなかったのさ。

したら、夜に父に「なんで行かなかったのだ?!」と強く問われ(父は当然のように朝一で投票に行っていた)、青臭い俺は「俺の1票なんて何の意味も無い。これで世界が変わる訳が無い。っていうか、どこに入れても一緒だし、入れたい候補者もいない」と言ったら、えらい激怒されてさ。

そんときの父のいいぐさが、「だったら、投票所に行って白紙でだせばいいだろう?それこそが最も強いメッセージになるんだ。たくさんの無効票が投じられた結果を想像してみろ。メディアも騒ぐだろうし。それは『あんたらの中に支持したい人はいない』という痛烈なメッセージになるんだ。なぜそれをしない?!」と、そんな内容の事を言っていた。

何も反論できなかったね。うん、正論、正しい。

結局、俺は投票所に行くのがめんどくさいだけだったのだ。

それ以降、俺は少し変わった気がする。以下の哲学を父が教えてくれたのだ。

「ぐだぐだ言うだけで行動しない奴には、何も言う資格は無い」

あの、最高に面白くてどうしようもない父親だけど(名は「進」)、この点は感謝してるぜ。

そんなこんなひっくるめて、今度の日曜、結果が楽しみです。

konimana at 23:56│Comments(3)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by つぐみ   2009年08月28日 18:22
こんにちは!
夏の暑さにやられてませんか〜?

素晴らしいお父様のご意見に賛同いたします☆
昔は『女性』『身分が低い』というだけで選挙権がもらえなかった時代もありましたね。
そんな事が当たり前とされていた時代から、一生懸命頑張って選挙権をみんなのものにしてくれた人たちの事を思うと、投票に行かないなんて絶対考えられません。

って事で、めんどくさがっていた友人も連れて、今年も投票に行ってきますヾ(^▽^)ノ
2. Posted by こにたん   2009年08月28日 21:23
おー、つぐみー!元気かー?

こっちはまだまだ暑いぞー、何てことだ。

っつーか、えらいなぁ、えらいっ!

ぜひ大勢連れて(笑)。
3. Posted by いんちき   2009年08月29日 15:39
ま、いかねーけどな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔