2008年06月24日

「音楽が好きだ」の前振り-極私的ジョニ・ミッチェル考

いや、あのー、最近音楽の事を考える時間がほんとに増えてですね、どうしたんだろうね。ビートルズとジョニ・ミッチェルとレイジの事を書こうと思ってます、興味ある方はその前に予習として以下を見ておいて(聴いておいて)下さい。全部ジョニ・ミッチェルです。俺が音楽の天才と思っている人です。

Joni Mitchell - My Old Man (Johnny Cash Show)



いや、みんなというわけじゃないけど、少なくともバンドやっててオリジナル作ってる方々はこれは必聴ですね。どうしてこんな曲作れるんだろう。

BLUE - Joni Mitchell



はぁ…。声が出ないです。この歌と、このメロと、このピアノ。彼女が失恋でどん底で作った歌ですが、こんなに悲しい歌、聴いたこと無いです。

Joni Mitchell Jaco Pastorius - Talk To Me (Audio)



今までたくさん音楽聴いてきたつもりだけど、「音楽って何?」って聞かれたら、この曲を差し出すかもしれないな。あの天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスとジョニが付き合ってた時期。二人の天才をスタジオに閉じ込めて即興で好きに作らせたんだと思います。あまりに自由で、全ての商業的な制約から解き放たれているんだけど、はっきりポピュラーミュージックとしても成り立っているし。っていうか、ほんとに曲が素晴らしい。音楽としかいいようが無いです、楽しんでいる。

日本ではジョニ・ミッチェルのCD、ほんっとに売れてないんだけど(欧米では神様扱いなのにね)、ぜひみんなに聴いて欲しいです。感想、もらえるとほんとにうれしい、ぜひ、よろしく、「つまんなかった」でもいいからさ。

konimana at 23:19│Comments(4)TrackBack(0)clip!バンド・音楽 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 山本です。   2008年06月25日 16:19
お久し振りです。

僕もTalk To Me 大好きです。

ジャコのベースも会話をしているようで、何百回も聴きました。小西さんとは音楽の趣味が結構合うので次紹介してくれるアーティストも楽しみにしてます。
2. Posted by こにたん   2008年06月26日 01:39
さっすがー。山本さん、うれしいです。あんまり期待しないで(笑)。
3. Posted by ゆうこ   2008年06月26日 09:06
じっとり雨の朝。ジョニ・ミッチェル聴かせて
もらいやす
4. Posted by こにたん   2008年06月26日 21:59
おう、堪能してくれよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔