2006年09月06日

身体の中心 「丹田」

やぁやぁ、体の中にある丹田(たんでん)って場所、知ってるかい?
体を使ういろんな分野で、達人の域まで達すると、必ずここに行き着くらしいよ。

初めて聞いたのは社交ダンスやってる時で、そんときに教わってたプロの先生が「一番いい姿勢で、自然に立つ事の練習をしなさい。体の重心は丹田にある。そこに神経を集中して」と言ってた。

そんつぎ、ドラムを始めてからだけど、手数王の菅沼孝三(トップ・ドラマー。技術的には恐らく日本一)のインタビューを見たら、「ドラミングに最も大切なのは姿勢。自然に四肢を無理なくコントロールするためには、重心を丹田に置く事」と書いてた。
日本の古来の剣術では秘伝中の秘伝だったらしいよ、丹田の事は。

じゃー、その場所を各自で確認してみよう。まず、へそと肛門を1本の直線でつないでみよう。その線の中心点のあたりが丹田という場所らしい。イメージできた?
じゃー、1回丹田に力を入れてみよう。神経をその1点に集中する事ができただろうか。

おれは具合が悪くなったり、吐き気がした時(特に歯をみがいている時にオエッとくるのだ)には、緊急対策として丹田に力を入れてみる。と、すぐによくなるんだ、ほんとに。

ドラム叩いている最中とかでも、どうも調子が悪かったり、手足がうまく動かない時なんかがあったら、極力、神経を丹田に集中するようにしているよ、かなり回復する。ま、これって丹田自体がどうたらというより、気持ちを落ち着かせた、という精神的な効果だと思うんだけどね。

なんか集中しなきゃいけない機会があれば試してみて下さい、じゃーね。



konimana at 06:55│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by DESPERADO   2006年09月06日 22:36
うんち

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔