2006年01月01日

イチロー語録「日々レベルアップ」

やぁ、久し振り、森光子です。
新年になったね。
去年はバンド辞めたり、このブログ始めたり、いろいろあったけど、ブログ始めてから何かが変わった気がするよ。

おれ、将棋好きだけど、将棋のプロ(「棋士」という)の人達も大好きなんだ。
とても礼儀正しくて、人間性もすばらしくて、でも厳しい勝負の世界で生きているからとても努力家で。

特に好きなのは、谷川浩司・佐藤康光・先崎学・郷田真隆。

羽生ばかり有名だけど、同年代のライバル佐藤康光も同じくらいの実力持ってて。ええ、天才です。
特に手を読む量で言えば羽生以上と言われてて、チェスの人間チャンピオンに勝ったスーパーコンピュータが「1秒に1億手読む」と発表された時に、将棋界では「じゃあ、佐藤康光なら1秒に1億1手読んでるだろうな」と言われたくらい。

その佐藤が数年前にTVに出た時に「佐藤先生はとても勉強家で、1日10時間以上将棋の研究をされていると聞きましたが?」と聞かれ、「あのですね、イチローがこの前、常に心がけている事を話してまして、それがですね、『日々レベルアップ』だったんですよ。これ、恐ろしい言葉ですよね(笑)。『日々努力』だけじゃだめらしいですよ」と話してて、とても記憶に残ってます。
その後、佐藤は棋聖というタイトルも取ったし(名人は羽生に取られたけど)、ちゃんと結果を出してます。

おれも言ってみたいな、「日々レベルアップ」って(笑)。

いろんな本読んだり、音楽聴いたり、映画見たりするけど、どんなに疲れてても全然できちゃうったら、やっぱコンピュータの勉強と将棋の勉強だけだね。こればっかりはやめらんない。全然努力じゃないよ、重くないもん。
特にコンピュータに関しては、多少(どころじゃないか)仕事に直結してて、まぁいい結果を出すもとにもなるから、レベルアップと言えない事もないか。

まぁ、前にも書きましたが、とにかく好きになっちゃう事が一番早道なんだろうね。

今年もまた何か熱中できる新しいネタにぶちあたればうれしいなと思っているです。
そのためには、食わず嫌い無くしてとにかく何でもやってみなきゃね、一度は、ええ、一度は。
例えそれが、お裁縫であろうと、ホリプロスカウトキャラバンであろうと、日曜大工であろうと、空中ブランコであろうと、化粧であろうと、河原の石集めであろうと、ラーメン屋開業であろうと。

24歳の時だって、何の前触れも無く、ほぼ冗談で(笑)ドラム始めてみたんだ。よかったよ、Jakeにも会えたし。

konimana at 23:24│Comments(2)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mai   2006年01月02日 00:59
あけましておめでとう!昨夜はお疲れさま!
CQ10で磨き上げられたお肌、成果でてきてるんじゃない?!
でもホントに、なんでもやってみなくちゃ始まらないよね。
特にB型は(笑)。
私もここ2年くらいは、全てにおいて元気が無かったけれど
2006はコニコニを見習って(笑)いろいろ挑戦してみるよ!な〜んて。
でも、ホント楽しくやって行きたいです〜っ☆

ことしもよろしくでしゅ。

2. Posted by こにたん   2006年01月02日 08:17
おめでとう!
元気ないとこは見た事無かったけど、そうだったのか。
maimaiはだね、おすすめはヨガかバンジージャンプか温泉を掘り当てるか、どれかだわ。これで決まり。

この前、スープを作る所からラーメン作ってみたさ、鳥ガラ使って。まずかった。敗因を研究中。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔