2005年09月10日

方法論出すならデメリットも出せ

いよいよ明日が選挙で

各党の政策・マニフェストが出てるけど

みんなが混乱しているのは、どの方法論が最も有効かがわからないからだ

例えば年金問題をとってみても、色々なアプローチがあるはずで、各党それぞれ提案している。

でも、致命的な欠陥があって

それはどの党もその方法論のメリット・デメリットを自分から提示していない事だ

方法論のデメリットは他の政党から勝手に指摘されている。それがまた見当違いで、発言が水掛け論になっている。

最初からデメリットを提示すればいいのに。そして、それらのメリット・デメリットを天秤にかけて有権者に選択させるべきだ。
経済理論はもともと絶対的な正解は無い、でも、それぞれの状況にあわせた有効な理論は確立されている(ある程度)。

まずは現状の正確な状況説明から入って、政策を選択した根拠を示さないと。
そもそもそれが短期的な対策なのか、長期的な対策なのかすら見えてない。
年金問題だって、財政赤字回復政策と一体でしょ?郵政だって。

 いや、各党のブレインはみんな頭いいから、わかってて提示して無いんだろう
 けどね。
 ひとつしか思いつかなくて、そのアプローチになぜか確信と情熱をもっている
 単純バカのフリをした方が、わかりやすいんだろうね、説得力としては。

自分の仕事で言ったら、例えばお客さんから「突然、追加で作業入ったんだよ、どうすればいい、小西さん?」って言われたら、まず最低でも3案だすよ(正解わかってたら1案だけど)。

例えばこんな感じ。すっごい単純化した例だけどね。

「対策としては以下の3案になります。

A案:要員を追加して作業を終わらせる
   メリット :工程は変更せず完了します。
   デメリット:コストはかなり増えます。

B案:現状の高いスキルのチームメンバーでクリアする
   メリット :品質は100%です。
   デメリット:工程は遅れます。

C案:追加作業のレベルを落とす
   メリット :コストもそれほど増えず、納期もクリアします。
   デメリット:品質は若干落ちます。

当社としてはおすすめはC案ですね。品質は落ちるけどギリギリ出荷基準は満たすので、これで妥協すべきでしょう。そうしないともう間に合いません。」

政党もこういうの出して。
ポイントは最初に全てのアプローチをさらけ出すことと、その上で自分の主張も盛り込むこと。

他の政党が思いつきそうなアプローチは全部最初に出しておくんだよ。

そうしないと。

konimana at 14:02│Comments(4)TrackBack(0)clip!仕事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サトシ   2005年09月11日 01:23
いよいよ出馬か。頑張れよ。

お前には入れない。
2. Posted by こにたん   2005年09月11日 03:47
うーん
出馬かあ…

考えてなかったけど、考えてみるか

政党名は「新党ちんすこう」とかかな(北海道なのに)

政策は「日本に一夫多妻制を!」とか「六甲のおいしい水を!」とかかな

これなら入れるだろ?
3. Posted by ひで   2005年09月19日 01:38
入れない。
4. Posted by こにたん   2005年09月19日 07:32
だよな

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔