2005年08月27日

Re:映画キャッチボール

古いっすが、自分の映画キャッチボールに補足を。

> で、原則はその週(できるだけ)にその映画を私が見て、その感想をここに書きます。
> いかがでしょうか。

「必ず」見ますから。
これが条件。
期限は無いけどね…。
ちょこちょこ今でもメールもらってます、ありがとう、気長に待って…。

「スウィングガールズ」、おもしろかったよ。邦画としては「Shall We Dance ?」以来のハリウッド・フォーマット娯楽傑作では?(その前は「マルサの女」か)
あのドラムの子、樹木希林の再来だよ(笑)。とても貴重な新人ですね。

おれも母親もずっと昔から樹木希林が大好きでね。母親は「どんなくだらないドラマや映画でも、あの人が出てくるだけで引き締まる」ってよく言ってた。
あと、おれと母親が共通で大好きなのが赤瀬川源平(尾辻克彦)。あ、ごめん、マザコンで。

>  世にも怪奇な物語
>   →フェリーニは映画の神の領域に最も近づいた人だ。「サテリコン」も「8か1/2」も。

これはオムニバスなんで、もちろん第3話のフェリーニ作の作品の事を言ってます。
他の監督の2話はそんなに見てません。見る時とばしていいと思います(笑)。
テレンス・スタンプ!"SEX PISTOLS"のジョン・ライドン(くされ野郎ジョニー・ロットン)にしか見えない。

そういえば昨日のニュースで、ジョン・ライドンがシャム69の奴に偶然会って、すぐにケンカになった、ってやってた(笑)。かわんねーなー、あいつ。

>  HANA-BI

いや、「2.みんなが好きな〜」としてはたけし作品の中なら、「キッズ・リターン」か、やっぱ。こっから見始めれば。
一番好きなのはやっぱ"HANA-BI"ですが。岸本加世子100点。

>  コンタクト

これ、ほんと、いいですよ。SF映画の中でこんなリアルな演出の映画は無いのでは。
松ちゃんも絶賛してた。

>  ダンサーインザダーク

これも微妙。「2.」扱いは無理があるか。一生忘れない映画だけどね。「悲しくて泣く」とかいうレベルじゃなくて、酸欠になりました、息できねー。"ドッグヴィル"もけっこう好きだよ。

>  ピーター・ウィアーの一連の作品(刑事ジョンブック・目撃者、いまを生きる)

「刑事ジョンブック・目撃者」は「1.」に近いな。何十回見たべ。
刑事物から後半アーミッシュの部落(現在でもアメリカで電気・ガス無しの生活をしている人達)に住むようになったあたりから俄然すばらしい。
同年度のファン投票の外国映画部門で1位になったのもわかります。大人の恋。

> 3.こんなにいい映画なのにあんまり売れなった、あまり有名じゃない、絶対見て!
>  12人の優しい日本人

これ、ほんとに見て、絶対。三谷幸喜の出世作。
ずっと裁判所の一室内。どこにも外に出ない。なのにこんなにおもしろい。
あまりに完璧すぎる脚本と、最高の役者陣。
日本にもこんなに上手い役者がたくさんいるんですね。
最後も泣けます。

>  誓い
>  書を捨てよ、町へ出よう
>  カイロの紫のバラ
>  ガープの世界
>  悪い奴ほどよく眠る

この5本はまた次回に。ほんとに見て欲しいから、いろいろ書きたいんだ。

> 4.この世で最も泣ける映画
>  グッドモーニングバビロン
>   この映画以外はありえない、超えられない。

はい、映画としてこれ以上完璧なラストシーンってありえないんじゃないですか?
はっきりいって、この後に作られた「ニュー・シネマ・パラダイス」は、この映
画の影響をとても強く受けてませんか?(パクリ?)
なのに、あっちばっかり有名でウケているのが許せないのです。

こんなところで(まだ長文だった…)。

konimana at 10:38│Comments(0)TrackBack(1)clip!映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コンタクト(映画)  [ SF映画の館 ]   2005年08月27日 12:34
...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔