2005年05月22日

バンドを辞めた理由

えーっとですね、"Jake stone garage"というバンドを辞めさせてもらって1ヶ月以上がたちました。
このブログにもその件で書こうとは思ってたんだけど、すぐには書かないようにしてました。
でも、けっこういろんな人から「何か問題でもあったの?」と聞かれるので、理由を書きます。

まず最初にはっきりさせておきたいのは、今回の脱退は全く個人のわがままで、なんかバンド内のトラブルがあった訳でもなく(だから二人はけっこう驚いていたのだけど)、また、おれの仕事上や家族内での問題があった訳でもないという事です。

一言で言うと、「やる気が持続しなくなった/情熱が足りないと痛感してしまった」、です。
こういってしまうと身もふたもない、ひどく情けない理由で、ほんと、いかにおれの器が小さいかが現れていると思いますが。

今年の始め頃からなぜか意欲が衰えてきました。去年東京に行った頃とかに比べて明らかに。
理由はわからないけど、そんな事考えていてもしょうがないので、とにかく前に前に進みましたが、ね。

でも、日常生活の中でバンドやドラムの事を考える時間が減っていって、このままではやっていられないし、何より他の二人のメンバーに申し訳ないし、バンドにとって良くない状況と判断し、辞めさせてもらいました。

疲れたのかな。いや、違うな。やっぱおれにとってバンドやドラムというものが全ての中での一番ではなかったからだと思う。こう認めなきゃいけないのは非常に悔しいけど。

バンドはもう次のステップはメジャー契約である事が明確になってきている状況で、プロ目指すのに今の仕事を辞める事なんて何でも無かったんだけど、問題はその後で。
やっぱプロになるなら、それが好きで好きでしょうがない奴にはかなわないと思うのですよ。逆にいうとそれさえあれば、年齢やその時点での技術力なんて関係無いと思うんですよ。「3度のメシよりドラムが好き」であれば。

考えられるのは…、今年から2人のプロの人から2種類のレッスンを受け始めて、自分の実力を思い知って、あまりに高いそのハードルに気付いた、というのもある。
いや、それ自体はいい事で、あとは明確になったそのハードルに対して努力をすればいいだけなんだけど、肝心のそのやる気が。

また、他の二人の目標の高さとのギャップかな。おれ、ある意味、現状で満足していた部分が大きかったと思います、辞めようかと考え出して初めて気付いたんだけどね。だって、バンド入った時点で自分がここまで来ると思ってなかったから。CDも出した、TVにも出た、プロモまでとった、曲もどんどん増えた、ライブの完成度もあがった、そして毎回みんなが見に来てくれる、みんなと会うのもとても楽しい、これ以上何を望むのか?望んでいるのか?

まぁ、それはいいですが、まずは本当に二人にすまないと思ってます。
また、お世話になった人も多いので、その方たちを裏切るようでけっこうそれも悩んだのですが、でも、バンドとして一時期的に多少スピードが落ちるだけで、長い目で見れば絶対いい結果になると思います。やる気のあるドラマーに何とか入ってもらって下さい。そう考えました。

このバンドを通していろんな人にたっくさん出会えて本当にうれしかったです。加えてさらに勝手な、ほんとに勝手なお願いですが、よかったらこれから会う機会でもあれば、関係を続けさせてもらえれば。
Jake stone garageに対しても、入る前からもそうだったし、もちろん今もおれは大ファンなので(笑)、ライブはできるだけ見に行きたいなぁと思ってます。

さて、これからおれはどこへ進むのだろう。

今は、LinuxやOpenOfficeなどを含めた「オープン・ソース」という思想・コミュニティに夢中になってしまっています。
バンドは…、全然今のところやる気持ちは無いです。どっちにしろ中途半端に趣味で遊ぼうなんて気にはならないし。それぐらい志の高い、すごいバンドだったよ、Jakeは。でも、楽しかったよ、さようなら。

konimana at 22:21│Comments(2)TrackBack(2)clip!バンド・音楽 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バンド集客ノウハウ  [ 最強のバンド集客戦略 ]   2007年09月22日 03:02
バンド集客ノウハウを購入してレビューしました。宜しければごらんください。 今ならblogから購入者さんには「ネットでリスクなしで稼ぐ副業方法」をおしえます。 これでバイトsなくてもバンドができます。
2. ディレクター直伝、必見!!音楽業界攻略方法Vol1  [ ButterFlyKIss mitsuko☆のブログ ]   2008年04月05日 23:21
あなたは本気で音楽で飯を食べたいと思うのであればやはりバンドデビューですよね?しかし現在の音楽業界は新人デビューはとても厳しい時代です。例えば、インディーズでライブをして1000人近く相手にして売り上げを100%自分たちでライブをしたほうがメリットが多いのです。...

この記事へのコメント

1. Posted by Waffle   2005年05月27日 21:47
理由があなたらしいです。

一緒に演奏した時間は短いけど、そう思えるよ。

でも、きっとまた何処かで見るんだろうな。

いや、絶対見せてもらいます。

乱筆、乱文お許しください。

PS.
今へビーメタルコピーやってます。6/12にライブです。気が向いたらどうぞ。
2. Posted by かとこ   2005年09月12日 02:45
切ない気持ちになりました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔